基本的な施術の流れをご紹介します。

問 診 (初回は、たっぷり時間を取ります)

  •  
  •  
  • 現在抱えている痛みや不調が現れるまでの経緯、悩みや想いなどのお話を聞かせ下さい
  • 気になっている、小さな事やささいな事も遠慮なくお話ください 意外にも、そのような事が原因だったりします。
  • 施術方法の説明や施術の受け方の説明を致します。

 


検 査

  • 首・肩・腕・腰・足などの可動域の確認や、目視でのからだの状態を確認します。
  • 痛みや不調部分を患者さんと、共有しながらの確認作業をします。

 


施 術

  • 問診・検査から、施術の道筋をたどりながら、施術を組み立てて行き、
    施術途中、動診(からだを動かしていただく、からだの変化の確認)しながら

    患者さんと一緒に、確認ながら、施術⇒動診⇒施術⇒動診の流れで進めて行きます。
  • 施術を進めていくと、痛みや不調の変化(痛みや不調が強くなったり、移動したり、新たな物が出てきたり)が
  • ありましたら、施術中でも遠慮なく、どんどん声をかけて下さい。
  •  
  •  
  • 内臓の緊張や疲れ・ストレスを捻転(ねんてん⇒ゆらす)して和らげていきます 
  • (大腸・小腸・膀胱・腎臓・胃・肝臓他
  •  
  •  
  • 心肺系の臓器の緊張や疲れ・ストレスを捻転(ねんてん⇒ゆらす)して和らげていきます (心臓・肺)
  •  
  •  
  • 特に、緊張や疲れ・ストレスを抱えている臓器には、氣功法(エレルギ-ワ-ク)で、和らげます
  •  
  •  
  • うつ伏せが出来ない方へは、仰向けからうつ伏せと同じように、各内臓の緊張や疲れ・ストレスを和らげていきます
  •  
    •  
    • 脳の緊張や疲れ・ストレスを和らげていきます
    •  


    施術の行程を全て行っても、残る痛みや不調・違和感が残る場合がありますので、ご理解ください
  • (特に、急性のや慢性的な場合は、時間をかけなくては、楽になっていけない症状もあります)
  •  

説明

  •  
  • 症状の原因や、今後の施術の説明と好転反応と諸注意および相談・問合せへの回答

    注  好転反応とは、
       からだが、自分からいい方向へ向かうにあたって出てくる症状
       施術後に、まれに出る事があります
       痛みや、不調・だるさ・眠気・湿疹・発熱など 
       (止まっていたものが、動き出すために出る症状)

    例  寒い外出から帰って、温かいお湯に手を入れると、
    ぴりぴりと痛みがでる
       ぴりぴり痛い→ 一気に、血流が良くなるために。
    出る痛み(冷えから温まる為)
  •  
  • 次回以降の予約について
  • ベストなタイミングをお伝えしますが、一切強制はいたしません